カーボンフットプリント

東京都 丸の内・渋谷周辺エリアで実施しているRe&Go cup実証実験では、カーボンフットプリントを公開しています。

Re&Go cupなどのシェアリング容器は、一般的に製造・廃棄時の環境負荷は使い捨て容器よりも高いですが、洗浄し繰り返し利用することにより、トータルで環境負荷が減ります。

現在のカーボンフットプリントを毎月末に更新します。

1.使い捨てカップとの比較

Re&Go cupを利用すると使い捨てカップの利用がなくなるため、カップ1個当たり「約38g」のCO2排出量が削減*できます。
*Re&Go試算。使い捨てカップの製造・廃棄時CO2排出量に相当します。


容器の製造場所から店舗への発送についてはほぼ同等の環境負荷と仮定し、比較対象としていません。


2.Re&Go全体でのCO2削減効果

Re&Go cupは4月末時点で「10,110個」の利用、「384.2kg」のCO2排出量を削減できました。
一方で、Re&Go cupの製造・廃棄・輸送・洗浄にかかるCO2排出量は、累積「4,634.5kg」でした。

Re&Go_LCA

輸送のCO2排出量 「220.8kg」

洗浄パートナー施設と加盟店舗間のRe&Go cup輸送にかかったCO2排出量です。
輸送個数を多くしたり輸送距離を短くすると、環境負荷が減らすことができます。

洗浄のCO2排出量 「69.1kg」

洗浄工程でのCO2排出量です。

製造・廃棄のCO2排出量 「4,344.6kg」

Re&Go cup製造時のCO2排出量と、将来廃棄をする際にかかるCO2排出量を算出しています。

3.過去の実績

2022年実績

利用店個数達成率 *1 使い捨て回避 Re&Go容器 *2
4月33店10,110個8.3%384.2kg4,634.5kg
*1 達成率はRe&Go容器製造・輸送・洗浄で発生したCO2排出量を使い捨て容器の回避により、どの程度吸収できたかの数値
*2 Re&Go容器の製造・輸送・洗浄で発生したCO2排出量を算出した数値

4.今後のRe&Goの取り組み

Re&Go cup利用が増えると、使い捨てカップのゴミゼロと同時にCO2排出量も削減できます。
Re&Go cup製造などで発生したCO2排出量を打ち消すため、より多くの方にRe&Goサービスを選んで頂けるようにしていきます。

監修:東京大学 地域循環共生システム研究室
協力:地球・人間環境フォーラム




お問い合わせ

お問い合わせはこちら

  • twitter
  • instaglum

QRコードは、株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

ローディング
ja Japanese
X